教育ローン 活用法

教育ローン 活用法

教育ローンを借りる前に

ご利用は計画的に

教育ローンとは、子供が進学の際に必要となる学費を援助してもらう融資制度です。一般には、高校や大学の進学の時に利用されますが、最近では幼稚園や小学校の私立学校に入学する際にも利用されています。

少子化が進む中で教育にはますますお金がかかるようになっており、計画的な学費の積立や貯蓄を行っていかないと、学費の工面に困る事になります。しかし、このような準備を行っていても、ローンなどを利用してお金を融資してもらわないと、学費を用意するのは厳しくなっています。教育ローンによって、期日までに支払いの間に合わない学費を準備する事ができるのです。

教育ローンには、大きく国の用意する教育ローンと、民間の企業が用意する教育ローンがあります。基本的に国の教育ローンの方が金利が少なく、民間の教育ローンは自由度が高いとされています。

教育ローンは親が子どもの学費を工面するために利用するものですが、学生が融資を受けて卒業後に返済する奨学金等の制度も、学費を援助する制度して用意されています。奨学金も金利が低いとされており、まずは教育ローンの検討の前に奨学金が利用できないかを検討するのがいいでしょう。

ただし、奨学金は授業料を免除される小中学生では利用ができません。高校や大学の受験と同じように、私立の小中学校、また幼稚園の受験や入学、学費がかかります。奨学金も積み立ても利用できない状態の場合に、教育ローンは学費の助けとなってくれます。

教育ローンは子どもの教育に関連する資金として使用するものですが、ローンを組む事にかわりはありません。子どもの進学の為には、おしみなく学費を工面してあげたいものですが、その為に返済に追われてしまい、家計が苦しくなるようでは、真に子ども為とはいえません。

まずは、子どもが生まれた時から自分達で計画的な学費の積立を行っていき、それでも苦しい場合の最終手段として教育ローンを利用するようにしましょう。

教育ローンの基礎知識
教育ローンと学費
奨学金と教育ローン
教育ローンの注意点
教育ローンの比較
その他のローン
サイト情報
Copyright (C) 教育ローン 活用法 All Rights Reserved