出産 教育ローン 活用法

教育ローン 活用法

教育ローンと学費

出産

両親は妊娠して子ども出来た時から、子どもの将来の為に準備を始めます。しかし、出産の段階では、子どもがまだ誕生していない事も多く、子どもの教育を目的にしている教育ローンを借り入れる事はできません。

しかし、出産にかかる費用だけでも平均で70万円近くかかり、出産後にはますます色々な費用がかかる事になります。この為、出産前には100万円は準備しておく必要があるとされています。実際には、出産にあたり健康保険組合からの医療費控除などがあるので、自己負担は40万円とされていますが、万が一に備えて妊娠がわかってからは100万円を目安に貯蓄していくようにしましょう。

教育ローンのように借り入れてから返済していくのではく、将来に備えて貯蓄していく学資保険に加入し、貯蓄を行っていく家庭が一般的です。ただ、学資保険は生命保険と同じなので、親に何かあった場合にはメリットがありますが、特に健康に満期を迎えた場合は、普通に貯蓄を行った方がメリットはあります。

学資保険も教育ローンと同じく、高額な学費を一気に用意しなくてはならない場合に利用され、学資保険に関しては満期になれば積立金が変換されるので、教育以外の目的にも流用出来ます。

この為、教育ローンはまだ考慮しなくても、出産後すぐに学資保険に加入する人がほとんどです。出産前から子どもの将来を考えて、貯蓄の計画をたてるようにし、なるべく教育ローンに頼ることなく済むような計画を立てて行く事が大切です。

教育ローンの基礎知識
教育ローンと学費
奨学金と教育ローン
教育ローンの注意点
教育ローンの比較
その他のローン
サイト情報
Copyright (C) 教育ローン 活用法 All Rights Reserved