小学校 教育ローン 活用法

教育ローン 活用法

教育ローンと学費

小学校

幼稚園を卒園すると子どもは小学校に進学します。小学校にも公立と私立での学費に差があります。公立校は義務教育になる為、授業料がかかりません。しかし、給食費やPTA会費といった学校行事に費用がかかります。

私立の場合は、年間の授業料として1.000.000円はかかるとされています。これに加えて、施設管理費や学内行事などに費用がかかります。小学校から私立の小学校に入学させる事を希望するのは、基本的には子どもではなく親になるので、小学校6年間の授業料の支払いに関しては、計画済みなはずですが、予想外にお金がかかってしまい、計画よりも予算がオーバーしてしまった場合には、教育ローンを借りるという方法があります。

公立小学校では、ほとんどありませんが、私立の小学校に入学した場合には、通常のローンよりも金利の安い教育ローンに加入する家庭が多いとされています。ただ、国の教育ローンは小学校では借り入れる事ができないので、民間の銀行などの教育ローンを利用する事になります。

教育ローンが高校以上で利用可能となっているのは、もともと受験の際には高額な学費がかかるという事が関係しているとされていますが、近年が中学受験や小学校からの受験を行う家庭も少なくなく、受験でかかる高額な費用に関しては、国の教育ローンではなく、民間の教育ローンを利用するしかありません。

ただ、民間の教育ローンは金利も高く、子どもは成長するにつれて教育費もかかるようになるので、小学校の段階で教育ローンを借りる場合には、現在だけでなく将来も良く考える必要があります。

教育ローンの基礎知識
教育ローンと学費
奨学金と教育ローン
教育ローンの注意点
教育ローンの比較
その他のローン
サイト情報
Copyright (C) 教育ローン 活用法 All Rights Reserved