中学校 教育ローン 活用法

教育ローン 活用法

教育ローンと学費

中学校

中学校も義務教育となるので、公立の中学校に進学した場合は、授業料はかかりません。しかし、私立を受験した場合には、高額な入学金や授業料を支払う必要があります。国の教育ローンに申しこむ事が出来ない中学生の場合、教育ローンを利用するには民間の教育ローンを利用する必要があります。

しかし、教育ローンといってもローンに代わりはないので、あまり頻繁にローンを組んだり、高額なローンを組んでしまうと、後々家計を圧迫していく事になります。また、義務教育の対象となる中学生は、よっぽどの事情がないかぎり奨学金も利用する事ができません。

成績の優秀な生徒の場合には、変換不要の奨学金制度などもありますが、小学校や中学校の進学の際に、高額な学費が必要となる私立への進学は、子どもが希望したとしても、家族全員の将来を考えて選択する必要があります。

中学校では、公立学校の場合は年間で50万円近い学習費がかかる事になります。授業料がかからなくても、修学旅行や学校の備品などで費用が発生します。私立中学校の場合は、年間で120万円と公立の倍以上の学習費がかかる事になります。

私立中学校の場合は、中高一貫の場合が多いですが塾や習い事等に通う事もあります。出来る限り子ども意思を尊重して、好きな勉強をさせてあげる為にも、両親の計画的な貯蓄が必要となります。

教育ローンは金融機関によっては、小学校、中学校、高校と進学の度にローンを必要とする家庭に対して、一度申しこみを行うと、繰り返しローンを申し込んでも、限度額の範囲で利用を繰り返し行えるものもあります。ローンであることを忘れないようにし、計画的な利用を行いましょう。

教育ローンの基礎知識
教育ローンと学費
奨学金と教育ローン
教育ローンの注意点
教育ローンの比較
その他のローン
サイト情報
Copyright (C) 教育ローン 活用法 All Rights Reserved