高校 教育ローン 活用法

教育ローン 活用法

教育ローンと学費

高校

高校に進学すると、義務教育が終わります。自分の選択で入学する事になりますので、授業料の免除などは基本的にありません。国公立の場合は、3年間で150万円前後の学費がかかる事になります。義務教育で授業料の免除されていた小中学校とは、学費が大きく増える事がわかります。

さらに、私立高校の場合は、3年間で国公立の倍の金額となる300万円がかかる事になります。また、入学金に限定すると国公立の高校と、私立の高校では60倍も差があるとされています。

また、国公立の高校にはほとんどありませんが、私立の高校の場合、寄付金などを納めなくてはならない場合もあります。基本的に寄付金なので任意ではありますが、協力する家庭が多いとされています。

ただ、高校になると奨学金制度を利用する事ができるようになります。奨学金の場合は、教育ローンとは違って無利子無利息がほとんどで、成績の優秀な生徒や、一定の条件下にある生徒の場合は、返済が不要の場合もあります。また、教育ローンの利用に至っても、金利の高い民間の教育ローンしか使用出来なかったのに対し、国の金利の安い教育ローンを申し込む事ができるようになります。

授業料の高い私立の高校ですが、特待生制度などを学校で儲けており、試験などの成績で授業料や入学金を免除する事も出来ます。高校では、なるべく奨学金に頼るようにして、教育ローンを頻繁に利用する事のないようにしましょう。また、教育ローンでも国の教育ローンを利用するようにしましょう。

教育ローンの基礎知識
教育ローンと学費
奨学金と教育ローン
教育ローンの注意点
教育ローンの比較
その他のローン
サイト情報
Copyright (C) 教育ローン 活用法 All Rights Reserved