教育ローンとは 教育ローン 活用法

教育ローン 活用法

教育ローンの基礎知識

教育ローンとは

近年の日本は少子高齢化が進み、毎年子どもの数が減っているとされています。この為、1つの家庭にいる子どもは1人が平均となっており、兄弟が多かった昔に比べて、1人にかける教育費が、子どもの数に反比例して年々増加しています。

この為、進学時など教育にまとまったお金を必要とする際は、教育ローンを利用することが多くなっています。教育ローンは、住宅ローンや自動車ローンのように、目的に限定されたローンになるので、教育目的以外の使用では借り入れができません。

通常は、子どもを育てている親が借入主となり、学校へ通う子ども自身が借入れを行う事はありません。私立などの学校に子どもいれるとなると、学費や入学費などが高くつく事は知られていますが、実は公立の小学校から大学まで通ったとしても、1人あたり1000万円近い学費が必要になります。

これらの基本の学費に加えて、授業の復習や進学の為の受験勉強の際には、塾や予備校、家庭教師を利用する事がほとんどで、子どもの学費は総額で相当なものとなるのです。しかし、お金がないという理由で子どもの教育や勉強したいという意思を遮る事は出来ません。

すぐにまとまったお金を用意出来なくても、国や民間の銀行などから教育ローンを借りることで、子ども夢を邪魔することなく、応援する事ができます。ただ、教育に必要となる資金であっても、ローンを組む事に代わりはないので、借り入れには審査が必要になります。返済の難しい教育ローンを組んでしまわないよう、十分検討して借りいれを行いましょう。

教育ローンの基礎知識
教育ローンと学費
奨学金と教育ローン
教育ローンの注意点
教育ローンの比較
その他のローン
サイト情報
Copyright (C) 教育ローン 活用法 All Rights Reserved