教育ローンの金利 教育ローン 活用法

教育ローン 活用法

教育ローンの基礎知識

教育ローンの金利

教育ローンの金利には、固定金利と変動金利の2種類があります。変動金利は借入の申しこみ時期の金利をずっと適用するのではなく、金利を支払う時の金利によって、定期的に金利が見直されて変更されていく金利になります。利息が変更されるには、利払いの時点で決まりますが、勝手に銀行などの金融機関が変更する訳ではなく、定められた計算方法にのっとって行われます。

これに対して固定金利の場合は、借り入れの申し込みを行う際に金利を決めてしまい、返済が完了するまで金利が変更されない方式になります。変動金利の場合、借り入れを行った時よりも、将来的に金利が安くなる可能性もありますが、さらに高くなってしまう事もあります。固定金利の場合、金利が安くなっても決めた金利を払わなくてはなりませんが、金利が高くなっても金利に影響を受ける事がありません。

国の教育ローンが金利が低い事で知られていますが、現在は、民間の銀行でも金利を安く設定しており、一定の条件を満たせばさらに金利が安くなるといったサービスもあります。民間の銀行の場合は、各銀行によって金利が異なりますが、一般的に3~7%の金利であるとされています。

国の金利は、現在では2.8%ほどで、母子家庭など収入が少ない家庭の場合は、さらに金利が低く設定されています。金利は教育ローンの借り入れ比較では、非常に重要なポイントになるので、国の教育ローンが受けられない場合は、店頭に表示されている金利だけでなく、条件に合わせて金利を算出して貰い、比較するようにしましょう。

教育ローンの基礎知識
教育ローンと学費
奨学金と教育ローン
教育ローンの注意点
教育ローンの比較
その他のローン
サイト情報
Copyright (C) 教育ローン 活用法 All Rights Reserved