教育ローンの審査 教育ローン 活用法

教育ローン 活用法

教育ローンの基礎知識

教育ローンの審査

教育ローンを借りる際に、まず申しこみを行うのが国の教育ローンである人がほとんどです。金利が民間の銀行や信託金庫に比べて非常に安く、在学時には金利の返済だけで元金の支払を待って貰えるなどのメリットがある為で、多くの家庭が利用しています。

国の教育ローンの借り入れ条件は、まず借入者が20歳以上の成人である必要があります。この為、基本的には学生は教育ローンを借りる事が出来ません。国の教育ローンを借りるには、所得の金額も関係があります。サラリーマンなどの給与所得者の場合は999万円以下、自営業などの場合は770万円以下である必要があります。一定の収入がないと、借り入れは難しくなってしまいますが、平均的なサラリーンマンの家庭であれば問題はありません。

ただ、上記の条件を満たしても、国の教育ローンの審査に通らない場合があります。既に住宅ローンや自動車ローンなどを、銀行に借り入れしていると審査が通り難いとされています。また、住宅ローンをはじめ、クレジットカードやキャッシングのローン返済で、遅延や停滞の経験のある場合は、審査で通るのが難しいとされています。

このような、悪条件を満たしていなければ、国の教育ローンは借り入れが可能とされています。金利も低く、借りやすいので教育ローン以外でも、子どもの教育費はしっかり準備しておき、国の教育ローンだけで教育費は補えるのが理想です。

ただ、国の教育ローンは限度額が低いので、高額な入学金や授業料が必要な場合は、民間の教育ローンなども検討しましょう。

教育ローンの基礎知識
教育ローンと学費
奨学金と教育ローン
教育ローンの注意点
教育ローンの比較
その他のローン
サイト情報
Copyright (C) 教育ローン 活用法 All Rights Reserved