奨学金の返済 教育ローン 活用法

教育ローン 活用法

奨学金と教育ローン

奨学金の返済

奨学金の返済は、リレー口座という引き落とし方法で行われます。奨学金では、返済期間が最長で20年となっており、借りた奨学金の金額に応じて毎月決められた金額を引き落とされるようにしています。

奨学金制度は、卒業後から奨学金を返済し、借りた金額を機関に返済することで、次の世代の学生も奨学金を利用できる仕組みになっています。この為、奨学金が返済されないと次の世代で奨学金を借りたいという学生が借りる事が出来なくなってしまい、困った状況になってしまいます。

しかし、昨今は非常に経済が困窮した状態であり、就職しても給料が少なかったり、就職自体が困難であったりと、卒業後もスムーズな返済が出来ない事が多くあります。このような場合の為に、奨学金では連帯保証人が必要となります。

基本的には、両親が連帯保証人となり、保証人として両親以外の親族を立てる必要があります。本人に返済が無理な場合は、連帯保証人や保証人に連絡がいく事になり、迷惑をかけることになります。経済的な理由から返済が困難な場合は、返済期間に猶予を貰えるので、状況に応じて手続きを行い、周囲に迷惑をかけないようにしましょう。

上記のような手続きを行わずに、奨学金の返済を怠ると、奨学金といえども借金に代わりはないので、延滞がつづくと消費者金融のブラックリストにのり、クレジットカードの使用や、新規の借り入れが出来なくなってしまうといった措置がとられてしまいます。

教育ローンの基礎知識
教育ローンと学費
奨学金と教育ローン
教育ローンの注意点
教育ローンの比較
その他のローン
サイト情報
Copyright (C) 教育ローン 活用法 All Rights Reserved