奨学金の注意 教育ローン 活用法

教育ローン 活用法

奨学金と教育ローン

奨学金の注意

奨学金は早い場合は、高校に在籍中に大学で借り入れる分を申し込む事ができますが、奨学金が振り込まれるのは、大学に入学した後になります。この為、入学金から利用したい場合は、入学時特別増額貸与奨学金を事前に希望しなくてはなりません。

奨学金は学生に向けて融資が行われる制度であり、返済を行っていくのも卒業した学生になるので、一般的な金融機関に比べて金利は非常に安く設定されています。また、返済期間も長く15年から20年間で返済を行う学生が多く、返済金額によってことなりますが、毎月3万位内の返済で修了できるように設定されています。

ただし、大学卒業後に院に進学したり、他大学に入り直したりした場合、新たに奨学金を申し込むと毎月の返済金額は増える事になります。金利がやすいという事で、奨学金を借りすぎてしまうと、後々自分が返済に困る事になるので、申しこみ金額には十分注意が必要です。

また、20年間の期間があるとはいえ、利子を少なくするには短い期間で返済を行った方が良いという事になります。返済方法は自分で決める事ができるので、無理のない範囲で早めに返済できるようにしましょう。

また、海外に行く場合、留学用の奨学金を申し込む必要があります。大学を長期休学といった名目で留学する場合、その期間は奨学金が支給されなくなってしまうので、海外留学用の奨学金を申し込む必要があります。海外留学を行う場合は、日本の大学に通うよりもお金がかかる事になり、止められている事を知らないと大変な事になるので、注意しましょう。

教育ローンの基礎知識
教育ローンと学費
奨学金と教育ローン
教育ローンの注意点
教育ローンの比較
その他のローン
サイト情報
Copyright (C) 教育ローン 活用法 All Rights Reserved