国の教育ローンだけでなはない 教育ローン 活用法

教育ローン 活用法

教育ローンの注意点

国の教育ローンだけでなはない

国の教育ローンは、大きく3つの種類があります。年金教育貸付」は、年金に加入している場合に、融資を受ける事ができる教育ローンです。国民年金の場合は、子ども1人につき 50万円、厚生年金の場合は100万円の限度額で融資をして貰えます。

この他に、郵便局で積立貯金を行ってる人が加入できる郵貯教育貸付があります。郵貯教育貸付の場合、郵便局に積立を行っていれば、家庭の年収に関係なく融資を受ける事ができます。郵貯教育貸付の場合、子ども1人あたり200万まで融資を行って貰えます。

最後に最も融資を受けている人が多いのが、教育一般貸付の教育ローンです。教育一般貸付の場合、対象の学校に在学している子どもがいれば融資をうける事ができます。ただし、親の収入に一定の条件があり、1人あたりの限度額は200万円となっています。

国の教育ローンは融資の条件が幅広く、多くの人が利用できるようになっていますが、利用の際にはいくつか注意があります。国の教育ローンは、国が貸し付けを行っている事の安心感や金利の低さが支持されていますが、限度額は200万と低いので、医学部や私立の学校に進学する際は、融資金額がたらないという可能性があります。

この為、多くの家庭が国の教育ローンから検討しますが、200万では絶対に足らない事がわかっている場合には、他の金融機関の利用も検討しなくてはなりません。教育ローンでは、金利の安さだけでなく、学費として必要な総額と、返済期間、また限度額を考慮して選択するようにしましょう。

教育ローンの基礎知識
教育ローンと学費
奨学金と教育ローン
教育ローンの注意点
教育ローンの比較
その他のローン
サイト情報
Copyright (C) 教育ローン 活用法 All Rights Reserved